薬局でルテインサプリを購入してきた

今やパソコン、スマホは一人に一台の時代。

コンタクトも身近にあるので、誤った使用で眼精疲労だけでなく目に関する悩みはだいぶ増えています。

 

デスクワークでは60分に1度は10分間目を休めたり、温かいアイマスクを使用する事で楽になります。

また、スマホなどの画面から出る光は脳を活性化させてしまうため、寝る直前まで見ていると目が覚めてしまい眠りにくくなります。暇なときの目のストレッチも有効です。
現代はドラッグストアやインターネットを利用し簡単にコンタクトを手に入れることができる時代です。
それゆえ正しくない使用方法で眼病にかかる人が増えていますね。スマホやパソコンの長時間作業で目の疲れやドライアイを引き起こしてしまう人も急増しています。

近くの物を凝視しすぎると筋肉が固くなり近視の原因にもなります。1時間に10分位は目を休ませて、目のストレッチを行い血流を良くすると軽減されますよ!蒸しタオルで目の回りを温めるのも効果的です。事務の仕事をするようになって、目がより疲れるようになりました。

前職は販売職だった事からパソコンの前で作業することが少なかったのです。現職はパソコンの打ち込みやオフィス系ソフトの使用や印刷が中心となっていて、とにかく目を使います。首が痛んだり肩が張ったりするのは、それは眼精疲労からきていると整体で言われました。休憩中は10分目を閉じるなど色々していますが毎日が疲労の積み重ねになります。

 

長時間PCの画面を見続けていると、2、3年前までは気になることはなかったのにここ最近になって、頭痛とともに目の奥がズーンとするようになりました。眼科で診療しても異常はなく「眼球の疲れからです」との診断で目薬の処方のみ。

 

しかし目薬を使っても、一時凌ぎにしかならずPCを見ていると目が重くつらくなってきます。いろいろ検索して目に効果のあるサプリメントとして、ブルーベリーやルテインが効果的と出てきたので、現在そのルテインサプリを取り入れた生活をしています。眼精疲労について、スマホやパソコンで目を酷使する現代においてこれは避けられない壁ではありますが軽減させることは可能だと思います。
明るい画面をじっくり見ると体は動かず緊張状態が続きます。

 

そうすると眼精疲労になってしまい肩凝りにも?がるのです。体をほぐすストレッチ、また、画面をずっと見るのではなく、たまに周囲の景色を周りの景色を見渡すなどを行うと症状が緩和されます。

歳を重ねて30代以上になってくると、徐々に目の周りの筋肉が衰えて目尻が垂れます。

表情筋と呼ばれる目の周囲にある筋肉の衰えがその原因です特に近年はパソコンやスマホなどを使う機会が増えたことによって、目を酷使する事も増えてきました。長時間の使用する場合には、たまに遠くにある緑を見て休憩しましょう。他にも酷使した目の回復のため、入浴の時に周辺を温める事や、マッサージをオススメします。

 

冷やすより温める方が、目の疲労回復に効果があります。
ぜひトライしてみてください。
昨年、白内障の手術を受けました。アトピー性で発症したものでした。

 

当日になり、待機室で目薬を何回かさします。

 

私以外は高齢者の方ばかりでした。

手術の直前に麻酔の目薬をさし、手術台に横になると手術が始まります。

痛みなどはぜんぜんありませんが、高周波でレンズを砕くために高音の出る機械を使用したり、レンズの交換時目玉をぐりぐりとされるので、苦手な人もいると思います。

 

片目ずつしか手術をできないため両眼をやる時は時間が空きます。

眼精疲労は、重症として肩こり、頭痛、吐き気から目の疲れやかすみ、ぼやけるといった軽いものまでさまざまですが、ドライアイが原因になるものを除けば、首や肩の血流の悪さや、重たい頭部を支える筋肉の緊張により特に肩甲骨周りの筋肉の緊張は特に、肩甲骨周りが凝ってくると頭痛にも繋がるので、肩甲骨周りのストレッチは重要です。
凝り固まった首周りの筋肉と血流を良くしましょう。
眼精疲労の回復のためには、短い時間でも構いません一時的に目の動きを止めて休ませる事です。電子機器類を見るのをやめて3分ほどそのままにしておきます。

 

両手で何度か眼球あたりを軽く揉むのものも心地よいです。

 

これを一時間置きに行うだけで随分、眼精疲労は抑えられます。

 

ひどい時は、濡れタオルや濡らしたハンカチをまぶたに被せるように乗せると効果があります。目をキョロキョロ動かすだけで改善されます。眼精疲労の原因はパソコンやスマホ等のLEDモニターから出ているブルーライトです。

スマホが浸透したことで、若年層でも目の疲れに悩んでいると言う話を聞きますね!そこで活躍するのが、ディスプレイにブルーライトをカットするフィルターを貼ってPC用の眼鏡をかけるのが良いでしょう。私はかつて眼精疲労にかなり悩まされましたがこれらをやってみると治ったのでお勧めです!