寝不足でクマが出来る人と出来ない人の違い

現代社会において、スマートフォンやテレビ、携帯電話やタブレット、液晶画面を見る機会が増えました。パソコンは仕事の必需品で多くの方が眼精疲労に悩んでいます。

近頃ではブルーべりーに含まれていると言うアントシアニンが豊富に含まれた健康食品の種類も多くなってきました。目の老化を感じる人にも色々なメーカーが力を入れています。多くのメーカーが力を注いでいます。

3年くらい前の朝に、「ん?新聞の字が読めない」と思った日から始まったのだ。ついに老眼です。
文字を読むのも、ご飯の時も目が疲れます。その日から、目の使い過ぎに気をつけ、あまりTVやPC見ない、眼に対して優しい習慣づくりをしました。

就寝前には顔に温かいタオルを乗せて眼の周りの血流を良くしてから、休むようにしています。

寝る前には、蒸しタオルを目の上に乗せ、温めてから寝ることにしている。
私の仕事はトラックドライバーですが、20代の目の見え方と今の見え方は明らかに異なります。

20代の時は遠くの看板でも見えていましたが、最近では遠い所にある看板はかすんで見えてそれなりに近づいて来ないと見えなくなりました。だから運転していると目が疲れます。

目の疲れ予防策として、休憩中や荷物の待ち時間などに「温かくなるアイマスク」をしています。疲れ目によく効いて、すっきりとします。

 

最近、スマホを購入し、ゲームなどで長時間触っていると目がショボショボしてしまいます。この症状が眼精疲労だということを始めて知りました。

症状が悪くなれば、肩こりや頭痛を引き起こす要因だそうです。
目がショボつくときの対策に、自分はツボを押しています。目頭と鼻の先に清明というツボがありそこを押さえます。
これが一番効果があり目のショボショボがすっきりします。
目を健康に維持していくには、第一に自分の目に病気、トラブルを持っているかを理解しておくことが重要です。私はコンタクトを使用するのですが、購入する時には絶対に眼下検診を受けています。

眼科検診では目に異常やトラブルがないか等をチェックしてもらえます。また、度数の合っていないコンタクトを使用し装着することは、眼精疲労につながります。。

眼科検診を定期的に受けて目の保養をするようにしています。

今ではパソコン、スマホは一人に一台の時代。コンタクトも身近にあるので、そのせいで目を酷使して、目に関する悩みが沢山増えています。
デスクワークでは一時間に一回は10分程の休憩、温かいアイマスクなどで血流を良くすると楽になります。

 

そしてスマホなどから発せられる画面の光は寝る間際まで見ると目がさえて眠れなくなってしまう。

 

短時間でできる目のストレッチも効果がある。目が疲れたと感じるのは、PCを長い時間見ていた時や、パチンコをやっていた時です。軽微な症状までありますが、した後は目がとても疲れます。コンタクトをしていることもあり、目の乾燥にも困っています。

 

その時は、眼科で処方されている目薬をさします。

 

スッキリとはなりませんが、潤いを与える効果はあるでしょう。その後目に濡れタオルを被せます。

 

寝る前にタオルを絞って、温めて就寝します。

視力低下は、遺伝もあると聞いたことがあります。

 

両親が近眼なこともあり中学からだんだん視力が悪くなり始め、現在は視力検査のときはカードを使って測定しています。”0.0いくつ”の世界なんです。。

 

これ以上悪化しないように休憩中は遠くの山を意識的に見たり、目を温めて疲れを取り目の筋肉をほぐすようにしています。視力改善とはいきませんが目の疲れは取れやすくなったようです。パソコンやスマホといったモバイルデバイスを、日常的に使う人がほとんどの昨今では、眼精疲労に悩んでいる方はたくさんいると思います。
目の疲れからくる眼精疲労は、目が充血したりかすんで見えたりする他に、頭痛や肩こり、吐き気などの重い症状も引き起こすことです。
そうならないためにも睡眠を十分にとり、時々体を休ませてストレッチをするなどをして気を付けることが重要です。デスクワークについてから目の疲れが酷くなりました。

前職は販売職だった事からパソコンの前で作業することが少なかったのです。現在の業務内容はPC入力がメインで資料の印刷など目を使うことが多いです。首は痛み、肩はこわばっており、それは、眼精疲労が原因であると整体士より指摘がありました。なるべく眼を休めようと、休憩時間に目を10分程度つむるなど、意識して色々な対策をしていますが、疲れは毎日溜まっていくばかりです。目の下のクマ改善クリーム